東京野菜|東京野菜普及協会

東京で採れた新鮮な野菜を、ご家庭の食卓や飲食店で。。
東京野菜普及協会では地産地消を促進することで、
東京野菜の生産拡大、農地・環境の保全を目指しています。

緑資源の保護と、都市農業生産者の農業収入の確保、ならびに活性化による生産緑地の保護にも寄与すべく活動しています。

東京野菜とは

東京野菜のご紹介イメージ東京都内の農業と言いますと、西部多摩地区付近の市部の部分をイメージされる方も多いかと思いますが、都内23区内やその他の地域も野菜の生産が行われています。
東京都が他県にない特徴として多様な栽培地域が挙げられます。
都内23区~多摩地域などのいわゆる東京のメインの生産地域は南の温暖な気候に育つ野菜の北限として、北の寒い地域で育つ果物等の南限としても位置しており、幅広い野菜の生産が可能です。
東京湾から南下し900キロを越えて船で行き着く小笠原諸島も東京都です。
小笠原諸島は沖縄県石垣島などと同様の気候帯に位置しており、作られている野菜も熱帯系の野菜も多く栽培しています。西部多摩地域を越え、奥多摩地域などの山間部は標高も高い地域があり、その高さや清流などを利用した生産を行っているなど、四季豊かな野菜が揃っています。
年間を通じてさまざまな野菜が手に入る珍しい地域です。

東京野菜普及協会について

現在、東京都の人口は約1350万人。世界でも有数の大都市であり、大消費地でもあります。
全国各地から、この「大消費地東京」に生鮮品を含む多くの商品が集まってきます。
人口減少・少子高齢化に伴い、今後さらに生産地と消費地の色分けは顕著になっていくでしょう。
しかし、成熟期を迎えたこの日本において、大量にエネルギーを消費し、多くの二酸化炭素を排出しながらモノを集めることが、ベストな方法と言えるのでしょうか?
東京が江戸と呼ばれていた時代には、当時世界一といわれた100万人の食を江戸とその近郊の農業が支えていました。
ここ東京には、それだけ生産に対するポテンシャルが今でも秘められていると私たちは信じています。
戦後、日本は豊かになり、人々は食に健康を求めるようになりました。しかし、これからは自身の健康をもっと広い意味で捉える必要があるのではないでしょうか。い まは、自身の健康の源となる「地球の健康」について考え、個人レベルで貢献する時代です。
東京野菜で「食べる環境改善」を推進する、そんな思いを抱き、東京野菜普及協会を設立いたしました。

store

店舗名
地図
紀ノ国屋アトレ吉祥寺店
地図はこちら >
紀ノ国屋青山店
地図はこちら >
京急ストア品川
地図はこちら >
三浦屋 飯田橋ラムラ店
地図はこちら >
三浦屋 武蔵小金井店
地図はこちら >
三浦屋 コピス吉祥寺店
地図はこちら >
三浦屋 グランエミオ大泉学園店
地図はこちら >
いなげや 下石神井店
地図はこちら >
いなげや 上石神井南店
地図はこちら >
ユニオン 元町店
地図はこちら >

special event

店舗名
地図
日本橋高島屋 地下1階 2017年7月5日(水)~7月11日(火) AM10:30~PM7:30
地図はこちら >

restaurant

店舗名
地図
D&DEPARTMENT TOKYO
地図はこちら >
聚楽 エルチャティオ銀座
地図はこちら >
聚楽 CaveBar 紅梅河岸
地図はこちら >
聚楽 びいどろ吉祥寺
地図はこちら >
聚楽 びいどろ池袋
地図はこちら >
PIZZA SALVATORE CUOMO
地図はこちら >
V2 TOKYO
地図はこちら >
東京から揚げバル
地図はこちら >
東條会館 Restaurant Francais ARGO
地図はこちら >
旬鮮市場 南部どり 麹町店
地図はこちら >
旬鮮市場 南部どり 大崎店
地図はこちら >
和フレンチKomorebi
地図はこちら >